Back to ストーリー グラベル

最も奇妙な時代の中で最もクレイジーなレース。ジョシュ・イベットとのGBDuroの旅。

20 8月 2020

2020年はあらゆる面で異例の年でした。中止になったイベントもあれば、採用されたイベントもあります。GBDuroもそのうちの1つで、2020年版は私たちが生きてきた過去数ヶ月よりももっとクレイジーなものになるかもしれません。

2020年2月にCovid-19パンデミックが世界を襲ったとき、何が起ころうとしているのか、誰も想像することができませんでした。その後のロックダウンは、その後の数ヶ月間、あらゆる人の予定に混乱をきたし、自転車の世界全体に不確実な状態を作り出しました。 店はいつ再開できるのでしょうか?プロ、アマ問わず、レースはいつ再開されるのでしょうか?今までどおり、外で自転車を走らせることはできるようになるのでしょうか、いつまでできるのでしょうか?ジョシュ・イベットのようなオルタナティブサイクリストにとっては、それ以上の意味があったかもしれません。ウイルスと闘うために政府が敷いた巨大な移動制限によって、彼らは生きていると感じるものを奪われました。そう、冒険のスリルを。Dirty Reiver?中止です。 Tour Divide?中止です。 Dirty Kanza?完全中止です。誰もがすぐに適応し、新しい常識を見つけようとしなければなりませんでした。人が本質的に備えている最高のスキルは、その適応力なのかもしれません。それはまさに誰もがしたことであり、彼らは適応したのです。非サイクリストはサイクリングを始め、レギュラーサイクリストは自宅のすぐ外にある新しい未踏の道を発見し、レースオーガナイザーはソーシャルディスタンス確保でのレースを組織する方法を見つけました。2020は、GBDuroの第2弾となる予定でした。これは、イングランドの最南端からスコットランドの北端まで2000kmのセルフサポートバイクパッキング長距離耐久レースです。主催者は、レース中に起こり得る社会的接触の量を減らすために、レースを自給自足のものから、究極の「Covidに対応した」レースに変更しました。 
ジョシュ・イベットのチャート写真クレジット: GBDuro
この変更によって、参加者はスタートからゴールまで、道中に必要な食料を含めてすべてのギアを運ばなければならなくなりました。また、ライダーは自分で睡眠時間やライディング時間を管理しなければなりません。過去数年、世界で最も偉大なバイクパッキングレースのほとんどに参加してきた2015年の大陸横断レースの勝者、ジョシュ・イベットは、母国の道路で30kgのバイクを転がそうと全力で挑んでいました。次に起こったことは、純粋に素晴らしい歴史です。 
ジョシュ・イベットと彼の自転車写真クレジット:ライアン・ル・ガレック
百聞は一見に如かず、映画は千枚の写真に如かずということで、以下のビデオをご覧になり、ジョシュと一緒にこのクレイジーな冒険に乗り出してみてください。
play