戻る ストーリー ロード

107、絶対的な数字。

15 10月 2020

サイクリングといえば単に自転車を乗り回すことではありません。...誰かの力になるものでもあります。クリス・ホールにとって、それは最も必要としている人を助けることなのです。

2020年が始まる前から、クリス・ホールはすでに特別な年になることを知っていました。2020年7月、自転車競技の世界は、第107回ツール・ド・フランス、 すべての注目を集めることになるでしょう。私たちのほとんどにとって、107は特別な意味を持たない数字ですが、クリスにとってはそうではありません。彼を語るには様々な切り口があります。ロードサイクリスト、長距離、耐久、タイムトライアル、アドベンチャー...彼は自分のことを「ただのバカ」と表現するのが好きです。私たちは彼を「並外れたライディングスキルを持つ並外れた人間」と呼びたいですね。107は、The Pace Centreが世話をしている脳性麻痺の子供たちの数です。個人的な理由もかなりありますが、この慈善事業はクリスにとって常に大きな意味を持っています。彼は過去にも、1日107キロを107日連続で走るなど、彼らを支援するためにかなり多くのプロジェクトを行ってきました。2020年の計画では、第107回TDFの全ルートを走りながら、公式開催都市間の移動に原動機付きの乗り物を一切使わず、大会の前日にパリでゴールすることで、The Pace Centreへの資金を集めようとしていました。6000km以上にわたる挑戦的な大会になろうとしていました。残念なことに、Covid-19の蔓延のため移動の自由に大きな制限があり、それが不可能になりました。幸いなことに、クリスは新しい計画を見つけました。
107、パーフェクトナンバー グリーンビュー
ヨーロッパ本土に移動することができないクリスは、プロが世界で最も権威のある自転車レースに乗っていた間、自身のTDFコースを後に達成することになる、イギリスを周回するコースへと変えました。プロジェクトはいたってシンプルなものでした。ロンドンからランズエンド、ジョン・オーグローツからロンドンまで、1日に少なくとも107マイル(172キロ)をカバーするというものです。合計すると、3週間ちょっとで3609キロと38100(そう、38100)の標高差があります。あなたはこう尋ねるでしょう。 「で、どうでした?」。クリス自身が「これまでにやった中で最も難しい挑戦」と表現しています。
107、パーフェクトナンバー 夕暮れのシーン
すべてを語るのは彼にお任せします。また、彼のルートをチェックして、Pace Centreに寄付することをお勧めします。 https://www.chrishallrides.com/107tdf
play